【ランチタイム・スタディ 2020統計数値 第95回 「外国人の雇用状況」③過去問】

「ランチタイム・スタディ 2020統計数値」の95日目は、「外国人雇用状況の届出状況(令和元年10月末現在)について」から「外国人雇用状況」の過去問です。

<過去問(外国人雇用状況)>

労働施策総合推進法に基づく外国人雇用状況の届出制度は、外国人労働者(特別永住者、在留資格「外交」・「公用」の者を除く。)の雇用管理の改善や再就職支援などを目的とし、 A の事業主に、外国人労働者の雇入れ・離職時に、氏名、在留資格、在留期間などを確認し、厚生労働大臣(ハローワーク)へ届け出ることを義務付けている。

令和元年10月末現在の「「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(厚生労働省)」をみると、国籍別に最も多い外国人労働者は中国であり、 B 、フィリピンがそれに続いている。

——————————————————————————————————-
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


[Aの選択肢]  
① 従業員数51人以上       ② 従業員数101人以上
③ 従業員数301人以上     ④ すべて

[Bの選択肢]  
① ネパール   ② ブラジル   ③ ベトナム   ④ ペルー



——————————————————————————————————-
step2 正解は・・・

A ④ すべて (労働施策総合推進法28条1項、同則12条)

B ③ ベトナム (外国人雇用状況の届出状況(令和元年10月末現在)について)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

——————————————————————————————————-
step3 コメント

・外国人雇用状況の届出状況(令和元年10月末現在)についてより、外国人雇用状況の問題です。平成29年本試験の選択式に出題された箇所ですが、外国人労働者数が100万人という大台を超えたのが平成28年であったことから出題されたものと思われますが、令和元年10月には約165万人となっています。

・Bのベトナムは、2番目に外国人労働者が多い国です。 国籍別にみると、「中国」が最も多く、外国人労働者全体の25.2%を占め、次いで「ベトナム」が24.2%、「フィリピン」が10.8%の順となっています。特にベトナムについては、前年同期比で84,486人(26.7%)と大きく増加してきており、1年前の「ベトナム」の割合が21.7%だったことを考えると、3.5%も増えたことになり、中国を追い越すかもしれないくらいの勢いです。本試験で「ベトナム」が問われたのは、こういった背景があるからだと思われます。


明日もがんばりましょう。


Source: 社会保険労務士試験ブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です